トップページ > 水の宅配のメリット >  ウォーターサーバーと育児

少しだけ手抜きしましょう!ウォーターサーバーと育児

ある育児サイトが、この8月に育児中の家族へウォーターサーバー利用についてのアンケートを実施しました。 その結果、利用している・利用していたのは4%、検討中が13%あり、関心の高さがうかがえます。 その理由のベスト3は・・・。 NO1.いつでも冷水・温水が使える NO2.水道水が不安 NO3.重いペットボトルの持ち運びが大変 便利であるということのほか、デリケートな赤ちゃんには、より安心・安全なもの...

ある育児サイトが、この8月に育児中の家族へウォーターサーバー利用についてのアンケートを実施しました。
その結果、利用している・利用していたのは4%、検討中が13%あり、関心の高さがうかがえます。

その理由のベスト3は・・・。
NO1.いつでも冷水・温水が使える
NO2.水道水が不安
NO3.重いペットボトルの持ち運びが大変

便利であるということのほか、デリケートな赤ちゃんには、より安心・安全なものを与えたいと思う親心でしょう。

すぐ冷たい水が飲めるし、お湯もでるからミルクの調合にはもって来い!
お腹がすいて泣いている赤ちゃんに、ミルクの温度調整で待たせる心配はありません。
しかも衛生的で、安全なお水であれば、二重丸ですね。

料理だって、お湯を使えば時間短縮できます。
浸透しやすいお水だから、調味料が材料に良くしみ込んで、一層おいしくなるはずです。

上手に手抜きをして、余った時間はお子さんと遊んじゃいましょう!

水の硬度とは

最近の研究発表には、塩素殺菌された水が赤ちゃんの心臓病の原因の一つ・・・というものがありました。
水道水が悪いというわけではないものの、新生児のデリケートな赤ちゃんに与えるミルクの調合には、ちょっと心配です。

では、ミネラルウォーターなら大丈夫かというと、それも問題です。
市販されるお水には、硬度というもの表示されていることをご存知でしょうか?

硬度とは、その水に含まれるカルシウム、マグネシウム、イオンの濃度を数値にして示したものです。

0~60未満を軟水
60~120未満を中程度の軟水
120~180未満を硬水

市販される水で、日本製のものは殆んどが軟水です。
よく見かけるエビアンやヴィッテルは硬度は300あり、非常な硬水に属しています。

数値が高い硬水には、ミネラル分が多く含まれているということであり、もともと粉ミルクに調合されている成分に加算されてしまうわけです。

硬水でミルクを調合すると、下痢を起こしてしまう場合などがあるようです。
ですから、市販の水だから安心という訳にはいかないのです。


赤ちゃんにあった水とは・・・。

ミルクを調合したり、離乳食に使うお水としては、軟水がいいようです。
日本産のお水は、ほとんどが軟水のようです。

ROシステムという分子レベルまで水を濾過したピュアウォーターと呼ばれる水は、純水(不純物をすべて取り除いた水)に近く、硬度も1度程度です。

このピュアウォーターでしたら、ミルクの調合に負荷を加えることなく、むしろ浸透圧が高い水ですので、赤ちゃんの消化吸収を助けてくれるはずです。

乳児湿疹やアトピー性皮膚炎などに悩まれている方にも、負荷はかかりませんので安心です。
飲むばかりではなく、顔や体の清浄にも使われている方もいるようです。

赤ちゃんにオススメしたい水は、ピュアウォーターですね。


ある育児サイトが、この8月に育児中の家族へウォーターサーバー利用についてのアンケートを実施しました。 その結果、利用している・利用していたのは4%、検討中が13%あり、関心の高さがうかがえます。 その理由のベスト3は・・・。 NO1.いつでも冷水・温水が使える NO2.水道水が不安 NO3.重いペットボトルの持ち運びが大変 便利であるということのほか、デリケートな赤ちゃんには、より安心・安全なもの...

ウォーターサーバーと育児について
     | トップページ | 
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 育児の疲れ・悩み・ストレスを解消した秘訣· All Rights Reserved·